100種類以上の野菜を作る 家庭菜園

出来るだけ固定種の野菜を作り、自家採種しています。

未練は人生を変えてしまう

昔のことだが、二人の男がいた。


二人とも教員だった。


彼らは、二人とも非常な熱心な部活動指導者であった。


前々から部活動が自由にできる地区に移動を希望していた。



しかし、彼らの地区の教育長は、金正日のような独裁者だった。


「使える教員は、他の市には絶対に転勤させるな。」との戒厳令を敷いていた。


そして、使えなくなると他の市に、放り出した。使い捨てで有名な教育長だった。


もちろん、彼の最後は、仲間に裏切られて、追い落としを掛けられ惨めな最後だったが。




ある時、二人の男は私の元を訪ねた。


「転勤したい。力をかしてほしい。」とのことだった。


しかし、私には人事権がない。


あるのは悪知恵だけだ。



「わかった、力になろう。ただし、私の言うことを絶対に守ること。」


「一つ目は未練を持たないこと。二つ目は私の名前を絶対に出さないこと。」



一人は、私の言うことを守って、うまく転勤できた。


もう一人は、1年待ってくれと言った。


彼には期待を掛けていた2年生の優秀な選手がいた。


その子を無事に育て上げてから新しい学校でやりたいと言った。


彼には未練があった。




しかし、その年に彼は、希望しないのにとなりの学校に移動となった。




その情報が事前にわかった時に、彼は私の所に来て、何とかならないかと言った。


私は、その学校の校長を知っていたので、電話をして確かめた。


彼は、「大丈夫だろう」と言った。


その話し方から、危ないと思った。


彼は、その市の教育長に拾われて、校長になった。


教育長に逆らえる訳がない。



案の定、彼は転勤となった。彼は過員対象教員になっていた。


その学校が学級減となった場合の移動の対象の教員と言うことだ。



彼はとなりの学校に行っても残してきた教え子の面倒を見ながら、頑張った。


次の年は、「親が年老いて、面倒を見なければならないとの理由で、1年で転勤希望を出した。」



彼の転勤のバックアップには相当に苦労した。


何人もの先輩やら仲間の力を借りた。


閉鎖的な学校社会で、権力者と戦うには、相当なエネルギーを使う。


二人の教員のその後はどうなったか。



一人は、校長になった。


もう一人は、管理職のラインに乗ったにもかかわらず、不良生徒の親とトラブって、それが元で教員を辞めた。



人事というのは、「ひとごと」と読んで、自分ではどうしようもないことである。


人に任せたら、徹底して身をゆだねることだ。


一番いけないのは、二股をかけたり、未練を残したりしないことだ。





「農家は継がないよ」と息子が言ったそうだ

例のごとく秘密基地の隣の家庭菜園の手入れをしていた。
昨日からやっているので、いささかくたびれた。
今年から私が耕すこととなった100坪ほどの畑である。
そのほかにも200坪ほどの菜園がある。


トマトを作るミニのビニールハウスを作っている。



そこへ隣の畑を耕作しているプロ農家の教え子がやってきた。
前の菜園主が手が回らなくなり、私に使ってくれと頼まれた事情を彼にも説明した。

「この土地の地主は〇〇さんで、もう誰も農業をやる人がいない。この辺の農家は、みんな跡継ぎがいなくて、やがてパンクするだろうね。」と。


久しぶりにあった教え子だ。
教え子と言っても最初の頃の教え子で、今年で56歳になる。


彼は農家の跡を継いで田圃を中心にやっている兼業農家だ。
彼自身は、市の消防署員となったが、早くに専業農家だった父親を亡くし、後を継いだのである。


「息子は農業をやらないってさ。何千万円もかけて機械を買っても元を取れないんだから、同じカネをかけるのなら魚沼産のおいしいコシヒカリを買って食べた方がいいだって。」と、彼が笑いながら言った。


「機械を買ったの?どんなの?」


「コンバインと田植え機械で1000万円だよ。」


「え~!そんなにするの?」


「普通だよ。」


700万円のコンバイン
イメージ 画像 借り物





300万円の田植機
イメージ画像 借り物



「何度か辞めようと思ったことがあった。その度に田圃を持っている友だちから家のもやってくれと頼まれて、続けていた。ところが2年前にコンバインが壊れてしまった。そこで仕方なく新しいのを買ったわけさ。」


「農機具は、それだけじゃないよね。」


「そうだよ。トラクターも必要だし、乾燥機、籾すり機等々、全部で何千万円とかかる。公務員だから買えるんだよ。米作りだけじゃ、いくらやっても機械代を稼げないよ。」


「農家を継がないのは、わかるよ。それに最近、あちこちの農地がメガソーラーにかわっているね。」


「あれだって、20年後、30年後は、どうかなるかわからないよ。」と教え子の洞察。


より便利な農機具を買うために、一生懸命米作りをしている感じの日本の農業である。
儲けるのは農機具を売っている農機具屋さんだ。



農業は、趣味でやる時代かも知れない。


私の愛車 イセキのミニ耕耘機 6,2馬力 21万円
この愛車一台で、すべての菜園を耕している。

とうとう私の手がける菜園の広さは、300坪になってしまった。



真夏の暑い日に、私はきっと畑に突っ伏して、一生を終わるかも知れない。








生涯現役・・・生き方と仕事

60歳で定年を迎え、その後は公務員では再雇用制度で、希望者は65歳まで働ける。
一般企業では、1年契約の契約社員で同様に65歳まで働ける。


給料は半分以下になる。
仕事内容はあまり変わらない。


「こんな少ない給料で、今までと同じような仕事ができるか!」などど考える者は、次の年からやめた方が良い。


私の知り合いの校長先生は、遅くに結婚して、定年を迎えたときに、まだ3番目の息子が中学3年生であった。


「共済年金は、月に15万円ほど。妻はパートで働ても10万円は稼げない。二人合わせても、3人の息子達を育てることは厳しい。」


彼は、フル勤務職を選んだ。
フル勤務職は、一般の教諭と同じように、担任を持ち、授業を持つ。
今まで10年以上も管理職をやっていたので、きびしいことはわかっていた。
フル勤務職は、年収が450万円ほどである。
もちろん、年金はもらえないが、何とか子供の教育費は出せるし、生活も何とかなる。


彼は、体育の教師だから、体育の授業を一日に、4時間から5時間行う。
勤務した中学校の校長は、後輩であったので、さすがに担任は外してくれた。
彼は校長になる前から、自分は子供が小さいので、子供が学校をでるまで働かなければならないと覚悟していた。
気合いを入れて、1年間頑張った。


しかしながら、10年も管理職をやっていた者に、「平の教諭」は、つとまらない。
そんなに、教諭の仕事は甘くない。
2年目から、「新任教師の指導教官」として、月給17万5千円の講師になった。
共済年金の15万と月給17万5千円、奥さんがパートで10万円稼げば、何とかなるだろう。


上記の例は、働かなければならない人の例であるが、私がここで取り上げたいのは、働かなくとも年金と蓄えで、なんとか暮らしていける人の生き方である。


人間は、食べていけるだけでは、生き生きと生きていけない人が多い。
お金がたくさんあれば、お金をかけて楽しく遊ぶことが出来るだろう。
ギャンブルしたり、世界旅行をしたり、女遊びをしたりと、なんでもできるだろう。


食べていけるが、お金をかけて遊べるほどの余裕が無い人は、どうしたらいいのか?
キャリアがあれば、自営業をすればいい。
それがなければ、雇われればいい。

とにかく生活費以外に、連れ合いに気兼ねなく使える小遣いが必要である。


お金の多い少ないをあまり重視しなければ、けっこう充実した仕事人生が見つかる。
賃金の高い仕事は、きつい。
逆に賃金の安い仕事は、楽である。


今どきは、時給900円ぐらいなら、けっこう楽で、良い仕事が見つかる。
「ブルーカラー」の仕事である。


例えば作業員、ピッキング、整備の仕事である。


もちろんパートであるから、その会社組織の中では、末端の労働者である。
若いぴちぴちした新米社員が直属の上司である。


この下で働くことが、なんとも楽しいものである。
「こき使われる」のでなく、「楽しく積極的に仕える」姿勢が大事である。
今の若者は、老人に対しては、けっこういたわりの気持ちを持っている。
特に、力仕事を老人にさせないように気を遣っているように感じられる。


私の知り合いに、65歳を過ぎても、同じ会社の「下請け」から引き続き働いてくれるように頼まれて、今年で70歳を超えるが、健康に問題がなければ、来年も頼まれているという。彼は組み立ての整備の仕事が得意である。手先が器用だ。


特に今の若い人は、生涯現役で働き続けるような人生が待っている感じだ。
定年が70歳ぐらいになるのは、かなりの確立である。
年金を頂けるのが70歳。しかも12,3万円が平均になるかもしれない。
年金だけでは、生活するのは難しいだろう。


しかし、そんなに悲観することもないだろう。
若い時は、仕事は出世につながったり、それに応じて年収が上がったりしていく。
家を建てたり、いい車に乗ったりと、夢も広がるだろう。


しかし、いつまでもそのような生活が続くわけではない。
子どもたちは、育って親離れして行く。
誰もが歳をとって老後の生活を迎えることとなる。


その立場に立った時に、若い時には考えられないような、人生観が生まれるものだ。
妻や子供たちのために自分があるのではなく、自分が楽しむために人生はあるのだという考えに立つようになるのである。
もちろん、妻も同じような考えに立つだろう。


良く、芸能人や起業人が何年も苦楽を共にした夫婦関係を解消するのを見聞きする。
あれは、離婚しても十分に生活を楽しむ財産や本人にスキルがあるからだ。
一般の人間は、夫婦二人のほうが経済的に暮らしやすい。
離婚しないほうが、人生を楽しむことができるのである。


不幸になる人と云うのは、お金もスキルも無いのに一時の感情で離婚してしまった人に多い。
それは、自業自得だ。


歳を取って来たら互いに思いやりで、夫婦関係を維持することだ。
その上で、連れ合いに気兼ねしなくとも使えるお金を生み出すことが大事だ。


それが、働くということである。
単純で誰でもできる仕事ほど、世の中には溢れているものだ。
お金を頂ければ、つまらない仕事でも、大概は我慢できるものだ。
それが歳をとると言うこでもある。