100種類以上の野菜を作る 家庭菜園

出来るだけ固定種の野菜を作り、自家採種しています。

生涯現役・・・生き方と仕事

60歳で定年を迎え、その後は公務員では再雇用制度で、希望者は65歳まで働ける。
一般企業では、1年契約の契約社員で同様に65歳まで働ける。


給料は半分以下になる。
仕事内容はあまり変わらない。


「こんな少ない給料で、今までと同じような仕事ができるか!」などど考える者は、次の年からやめた方が良い。


私の知り合いの校長先生は、遅くに結婚して、定年を迎えたときに、まだ3番目の息子が中学3年生であった。


「共済年金は、月に15万円ほど。妻はパートで働ても10万円は稼げない。二人合わせても、3人の息子達を育てることは厳しい。」


彼は、フル勤務職を選んだ。
フル勤務職は、一般の教諭と同じように、担任を持ち、授業を持つ。
今まで10年以上も管理職をやっていたので、きびしいことはわかっていた。
フル勤務職は、年収が450万円ほどである。
もちろん、年金はもらえないが、何とか子供の教育費は出せるし、生活も何とかなる。


彼は、体育の教師だから、体育の授業を一日に、4時間から5時間行う。
勤務した中学校の校長は、後輩であったので、さすがに担任は外してくれた。
彼は校長になる前から、自分は子供が小さいので、子供が学校をでるまで働かなければならないと覚悟していた。
気合いを入れて、1年間頑張った。


しかしながら、10年も管理職をやっていた者に、「平の教諭」は、つとまらない。
そんなに、教諭の仕事は甘くない。
2年目から、「新任教師の指導教官」として、月給17万5千円の講師になった。
共済年金の15万と月給17万5千円、奥さんがパートで10万円稼げば、何とかなるだろう。


上記の例は、働かなければならない人の例であるが、私がここで取り上げたいのは、働かなくとも年金と蓄えで、なんとか暮らしていける人の生き方である。


人間は、食べていけるだけでは、生き生きと生きていけない人が多い。
お金がたくさんあれば、お金をかけて楽しく遊ぶことが出来るだろう。
ギャンブルしたり、世界旅行をしたり、女遊びをしたりと、なんでもできるだろう。


食べていけるが、お金をかけて遊べるほどの余裕が無い人は、どうしたらいいのか?
キャリアがあれば、自営業をすればいい。
それがなければ、雇われればいい。

とにかく生活費以外に、連れ合いに気兼ねなく使える小遣いが必要である。


お金の多い少ないをあまり重視しなければ、けっこう充実した仕事人生が見つかる。
賃金の高い仕事は、きつい。
逆に賃金の安い仕事は、楽である。


今どきは、時給900円ぐらいなら、けっこう楽で、良い仕事が見つかる。
「ブルーカラー」の仕事である。


例えば作業員、ピッキング、整備の仕事である。


もちろんパートであるから、その会社組織の中では、末端の労働者である。
若いぴちぴちした新米社員が直属の上司である。


この下で働くことが、なんとも楽しいものである。
「こき使われる」のでなく、「楽しく積極的に仕える」姿勢が大事である。
今の若者は、老人に対しては、けっこういたわりの気持ちを持っている。
特に、力仕事を老人にさせないように気を遣っているように感じられる。


私の知り合いに、65歳を過ぎても、同じ会社の「下請け」から引き続き働いてくれるように頼まれて、今年で70歳を超えるが、健康に問題がなければ、来年も頼まれているという。彼は組み立ての整備の仕事が得意である。手先が器用だ。


特に今の若い人は、生涯現役で働き続けるような人生が待っている感じだ。
定年が70歳ぐらいになるのは、かなりの確立である。
年金を頂けるのが70歳。しかも12,3万円が平均になるかもしれない。
年金だけでは、生活するのは難しいだろう。


しかし、そんなに悲観することもないだろう。
若い時は、仕事は出世につながったり、それに応じて年収が上がったりしていく。
家を建てたり、いい車に乗ったりと、夢も広がるだろう。


しかし、いつまでもそのような生活が続くわけではない。
子どもたちは、育って親離れして行く。
誰もが歳をとって老後の生活を迎えることとなる。


その立場に立った時に、若い時には考えられないような、人生観が生まれるものだ。
妻や子供たちのために自分があるのではなく、自分が楽しむために人生はあるのだという考えに立つようになるのである。
もちろん、妻も同じような考えに立つだろう。


良く、芸能人や起業人が何年も苦楽を共にした夫婦関係を解消するのを見聞きする。
あれは、離婚しても十分に生活を楽しむ財産や本人にスキルがあるからだ。
一般の人間は、夫婦二人のほうが経済的に暮らしやすい。
離婚しないほうが、人生を楽しむことができるのである。


不幸になる人と云うのは、お金もスキルも無いのに一時の感情で離婚してしまった人に多い。
それは、自業自得だ。


歳を取って来たら互いに思いやりで、夫婦関係を維持することだ。
その上で、連れ合いに気兼ねしなくとも使えるお金を生み出すことが大事だ。


それが、働くということである。
単純で誰でもできる仕事ほど、世の中には溢れているものだ。
お金を頂ければ、つまらない仕事でも、大概は我慢できるものだ。
それが歳をとると言うこでもある。














妻の絵手紙  ヒメリュウキンカ

「ヒメリュウキンカ(姫立金花)」 キンポウゲ科
  花言葉は… あなたに会える幸せ・人見知り


 
「山野の湿った草原や川沿いの林床など湿り気のある場所に自生します。大元のふるさとはイギリスですがヨーロッパからシベリアにかけて広く分布している野草です。」
  
しあわせの黄色いハンカチのような、
あなたに会える幸せを感じさせる黄色い花。
 



あなたって、もしかしてオレかい。


ははは、うそだろ。









簡易ビニールハウスの骨組みを建てた

今年のミニトマトのための簡易ビニールハウスの骨組みを建てた。


昨年度は、雨除けハウスだったので、害虫によってプチぷよが全滅してしまった。


今年は、完全にネットとビニールで覆ってしまって、虫を寄せ付けないようにしようと考えている。





ハウスの大きさは、入り口は180㎝で、長さは950㎝である。


高さは200㎝ぐらいだ。




ハウスの準備は、ネットとビニールは苗の定植時に張るので、骨組みだけを作っておこうと思う。


台風でも飛ばされないように、ラセン杭も設置しておいて、マイカ線で止められるようにする。




昨年度は、簡易雨除けビニールハウスだった。
雨除けだったので、裾ががら空きであった。
そのため、プチぷよと云う皮の薄いミニトマトが小さな虫に舐められて、全滅してしまった。また、裾が空いているため台風が来るたびに、ビニールを外したり、ラセン杭を埋め込んでマイカ線でハウスが飛ばないように止めたりした。大変な作業だったので、今年は二つの理由で、完全に閉じたミニハウスにしようと考えている。




虫被害に遭ったプチぷよ。





昨年度の簡易雨除けビニールハウス


ビニール暖簾を施した。







必要部品の名前と『今年のミニビニールハウス』のイメージ