100種類以上の野菜を作る 家庭菜園

出来るだけ固定種の野菜を作り、自家採種しています。

天然の腐葉土を畑に鋤き込む

あまり車の通らない山道には、路肩に落ち葉が積もっている。
その落ち葉の下には、自然にできた腐葉土がある。




直ぐにでも畑に鋤込める状態の、天然の腐葉土である。


丈夫な袋にぎゅうぎゅう詰めにして、車で運ぶ。


そして、畑まで運んだ腐葉土を惜しげもなくばら撒く。
今年ミニトマトを栽培する畝に、7袋分の腐葉土を撒いた。


耕耘機で2、3回耕耘して鋤き込む。



畑はふかふかの土となる。
トマト苗を定植する頃には、腐葉土は土と馴染んで団粒化の進んだ理想に近い土壌となるだろう。



トマトの畝は他よりも一段高くして、雨が降っても水がビニールハウスに入り込まないようにする。



訪問ありがとうございます。クリックして頂けると嬉しいです。


妻の絵手紙 鬼さんこちら

鬼さんと一緒にあそぼう 豆まき節分近し。

       



『昔々のお話、『泣いた赤鬼』のお話では、青鬼は悪い鬼、赤鬼だって村の子供たちは怖がって、誰も遊んでくれなかった。






でも、現代の子供たちは、学校でみんな平等で、仲良く遊びましょうと教わっている。


だから、赤鬼も青鬼も、そして黒鬼も茶鬼もみんな同じ優しい鬼たちだ。


差別しているのは、アメリカのトランプおじさんだけさ。


世界中の子供たちには、赤鬼も青鬼もみんな仲良しの友達だ。

いつも助け合って仲良く、楽しく、遊んでいる。
        
節分の日は、鬼さんが主役。


訪問ありがとうございます。クリックして頂けると嬉しいです。